ExcelVBA -Part3

#小室 #施設整備 #パソコン #社内発信 #プログラミング

ExcelVBA -Part1

ExcelVBA -Part2

おさらいは上記リンクから確認して下さい。


■変数

今回は「変数(へんすう)」というものをお勉強していきましょう。

「変数」とは『自分で付けた名前の文字がなんでも入る箱になる』ようなものです。

普段あまり意識しないかも知れませんがExcelで扱っているものには本当に色々なものがあります。

  • 数字

  • 文字

  • Excelそのもの(Excelブック)

  • シート

などなど、「変数」にはこれらの情報を入れる事が出来ます

■何のために変数を使うのか

例えば「変数」に”1”という数字を入れたとします。

この「変数」は"1”としてしか使えないのであれば別にわざわざ「変数」にする必要がありません。

しかし、この「変数」というものは中身を書き換える事が出来ます

最初は"1"として扱っていた「変数」が『ある処理の後』に"2"として書き換える事も"3"として書き換える事も出来ます。更に言うと最初は数字の"1"だった「変数」を後から文字の"あ"に書き換える事も出来てしまいます。

これによりプログラムを書く量が圧倒的に減らす事が出来ます。

■書いてみましょう

では実際に「変数」を作ってそこに数字の“1”を入れてみましょう。

「変数」を作る為には『変数の宣言』というものが必要になります。

宣言方法は至って簡単

Dim 変数名

これだけです。

ひとまず変数名は「変数」という名前にしてやってみましょう。

たったのこれだけです。

【Dim 変数】で変数を作って、【変数 = 1】で変数に1を入れています。

最初のPart1から一緒にやって頂いている方は「ローカル」というウィンドウが出ていると思います。

そこに注目しながら「F8」ボタンを押してみましょう。「F8」ボタンは「ステップ実行」と言って処理を1行ずつ順番に進めながら動作を確認出来る実行モードです。

「F8」を一回押すとこうなります。

もう一度押すと、変数宣言の部分は飛ばして【変数 = 1】の所に左側の矢印が飛びます。

変数宣言は処理とは少し違うのでステップ実行では飛ばされてしまいますがちゃんと宣言はされていますので安心して下さい。では、更に「F8」を押してみましょう。

処理の最後まで矢印が行きましたね?

この状態で「ローカル」ウィンドウを見てみましょう。

黄色いマーク(これは人によって色が違うかも知れません)が通り過ぎたらその処理が実行されましたっていう事です。

「式」と書いた所に「変数」というものが現れました。これが自分で作った変数の名前ですね。その横に「値」とあって1と書いてますね。これがその変数の中身です。

一旦上のツールバーにある青色の四角いボタンを押して処理を止めましょう。

処理を止めたら今度は変数の中身を書き換えてみましょう。

一旦1を入れてから次に50を入れるという事ですね。

ではステップ実行して「変数」の中身がどうなるのか確認してみましょう。

この様に変数は自由に書き換える事が出来ます。

では次は「値」の横にある「型」というものを勉強していきましょう。


■変数の型

「型」というものを簡単に説明すると「形式」ですね。

その形式をなんかちょっとカッコよく英語っぽい感じで表しているだけです。

数字の“1”は「数字」ですね。

文字の“あ”は「文字」ですね。

ただこれだけの事です。


ではこれらを変数の型の名前で紹介していきます。

数字に関わるものはちょっと種類があるので図で説明していきます。

と、何種類か説明しましたが整数であれば「Long」小数であれば「Double」を使っていれば全く問題ありません。

以前VBAに触れていた方は「え?」と思うかも知れませんがそういった方は直接お問合せ頂ければお答えします。

とにかく!整数は「Long」小数は「Double」です!


【文字に関わるもの】

String(ストリング)これだけです。


これらをどう使っていくのかというと…

『変数宣言』です。


■型を指定した変数宣言

変数の宣言方法は「Dim 変数名」でしたね。実はこの宣言方法だと変数は何でも入る「Variant(バリアント)」という型に自動的になってしまいます。

なんでも入るんだからこれでいいじゃないか。と思ってしまいそうな所ですが、このVariant実は結構厄介者で

  • パソコンのメモリー消費量が高い

  • 数字として扱いたいのに文字として認識されてしまう

  • プログラムがあっているはずなのにちゃんと動かない

などの問題を引き起こします。

Variantという型はちゃんとした理由を持って使っていかないと思わぬバグを引き起こします。

ということで変数の役割をちゃんと考えて型を指定しながら変数を宣言していきましょう!というのがプログラム界隈ではスタンダードな考え方です。

型を指定した変数宣言の方法は

Dim 変数名 As 型名

となっております。

例えば「i」という変数を作って「i」という変数は絶対に整数としてしか使わないとします。

更に「s」という変数を作って「s」という変数は絶対に文字列としてしか使わないとします。

こうなります。こうすることによりそれらの変数は絶対にその型のものしか入れられなくなります。そこに違う型のものが入ろうとした時にエラーを起こして教えてくれます。

エラーって怖い感じがしますけど、想定と違うことを教えてくれるとっても優しい存在なんです。

こういった流れを汲む事で変数の使い方が明確になりバグを防ぐことが出来ます。

では次回はこういった変数をどのように実践で使うべきかをお勉強していきましょう。







TEL:029-863-1811

  • Instagram

※弊社のWEBサイト掲載内容を無断で転載・引用する事を禁止とさせていただきます。

©Copyright 2015 REITO,all right reserved.