Windows10高速化への道

#小室 #施設整備 #商品チーム #パソコン

小室です。

なんだかんだとWindows10を使い始めてから2年位経ちます。

Windows10って今までのWindowsよりも多機能が故に今まではサクサク動いていたパソコンでも急に動作がもったりしてしまう事があります。

特にWindows10ではメモリが8GB以上推奨なのですが、Windows7時代はメモリ4GBが割と一般的でした。

そのままの状態でWindows10へ移行してしまったパターンの時に動作が遅いという問題に当たってしまいます。

可能であればメモリを追加購入するのが一番簡単で一番効果が得られるのでしょうがそう簡単には行きませんよね。

そんな時に試して頂きたい方法を今日はご紹介します。


①不要なアプリの削除

これはWindows10ユーザーにとっては定番のものですね。Windows10には最初から使わないであろうゲームやアプリが入っています。

  • マネー・・・経済ニュースがチェックできるアプリ

  • 3D builder・・・3Dデータを作成するためのツールです。面白いですが使い所は…

  • スポーツ・・・スポーツニュースをチェックできるアプリ

  • ニュース・・・Bingが提供するニュースをチェックできるアプリ

  • 天気・・・天気が確認できるアプリですね

  • Microsoft Solitaire Collection・・・ソリティアですね

  • Candy Crush Soda Saga ・・・キャンディクラッシュですね

  • マーチオブエンパイア-領土戦争・・・なんかゲームですね

  • Fitbit Coach・・・なんか健康関連のアプリですね

などなどこれで全てではない上になぜかWindowsがアップデートされる度にプリインストールアプリが増えていきます…

こういったアプリの中から絶対に使わないアプリは

【設定 → アプリ → 対象アプリをクリック → アンインストール】

で削除してしまいましょう。ですがプリインストールアプリの中には消す事が出来ないアプリもあります。そういったアプリを削除する方法はちょっとマニアックなので割愛します。


②バックグラウンドアプリを無効化

Windows10では普段使っていない時でも「常に」最新の状態を保てるように見えない所でアプリが動作しています。つまり、これは裏でアプリが動いているのでメモリを消費しているんですね。こういったアプリを無効化する事で高速化に貢献する事が出来ます。

【設定 → プライバシー → バックグラウンドアプリ】

ここから別に常に最新じゃなくてもいいアプリをオフにしていきます。

僕の場合は「Microsoft Store(Storeのアプリを使っているので)」「Windowsセキュリティ」「設定」以外は全部オフにしてしまっています。


③スタートアップの確認

こちらはWindows起動と同時に立ち上がるアプリの設定ですね。色々とアプリを入れると中には自動でスタートアップに登録されてしまうものもあります。

【タスクバーを右クリック → タスクマネージャー → スタートアップのタブをクリック】

この一覧から必要ないものを選択して右下のボタン「無効にする」をクリックします。

ここで気を付けて頂きたいのが「自分が理解していないアプリは絶対に無効化しない」事です。不用意にフリーソフトを入れまくっていた場合はこの中に正規品の振りをして紛れ込んでいるウイルスがいたりもするのですが基本的には思わぬトラブルを巻き起こす原因となりますので「どういうものか理解していて不要なもの」無効化しましょう。

例えばMicrosoft OneDriveはクラウドストレージなのですが結構使っていない方がいます。One Driveは特にスタートアップへの影響が大きいので絶対に使わないのであれば無効化してしまっても良いでしょう。


④アクティブ時間の変更

これはめっちゃ基本ですが、設定がちょっとわかりづらい場所にあって実は初期設定のままなんてPCも割とあります。

この設定の時間外でWindowsの自動アップデートが動きますよって事なんですが、この設定の時間外で作業をしていると動作が重くなる事があります。

【設定 → 更新とセキュリティ → アクティブ時間の変更】

この設定から普段自分がパソコンを使用する時間に合わせて設定して下さい。最大18時間まで設定出来ます。


⑤おまけ Excelの無駄をなくす

Excelも実は初期設定では無駄な処理を行っています。これらを無効化する事によりCPUだとかメモリの効率をわずかに上げる事が出来ます。

【ファイル(またはOfficeの丸いマーク) → オプション】

から設定画面を出しましょう。

  1. 【数式】を選択してその中の「エラーチェック」の見出しを探して下さい。『バックグラウンドでエラーチェックを行う』のチェックを外します。

  2. 【詳細設定】を選択してその中から「表示」の見出しを探して下さい。ここにある項目の中から『ハードウエアグラフィック アクセラレータを無効にする』にチェックを入れます。

  3. 【詳細設定】を選択してその中から「全般」の見出しを探して下さい。ここにある項目の中から『操作をアニメーションで表示する』のチェックを外します。

これで最低限の無駄な処理はなくなります。


まとめ

今回紹介したのはあくまでも簡易的なものです。最終的にそもそも高速なパソコンが良ければ高速になるスペックのパソコンを買わなければいけません。

ただし今回紹介した方法で1日2秒くらいづつは作業が早くなるかもしれません。

2秒×365日=730秒(12分)

730秒×30年=21900秒(6時間ちょっと)

たったの数秒でも積み重ねていけば人生の中ではこんなにも大きな時間になります。

良ければ実践してみて下さい!




TEL:029-863-1811

  • Instagram

※弊社のWEBサイト掲載内容を無断で転載・引用する事を禁止とさせていただきます。

©Copyright 2015 REITO,all right reserved.